「Oracle-RAC」の記事一覧

RACサービスのフェイルオーバータイミングの違いについて

RACのサービスがフェイルオーバーするタイミング ORACLE-RACは障害で1つのノードが停止しても、サービスが継続できるようRACサービスがフェイルオーバーする仕組みになっています。では、障害ではなくメンテナンスなど・・・

RACサービスをrelocateで配置換えするコマンド

RACサービスを別ノードに移動させるrelocateコマンド RACサービスは高可用性構成で優先ノードを持っています。例えば、優先ノードがserver01であるSERVICE1であれば、通常はSERVICE1はserve・・・

Oracle-RACサービスのコンフィグ確認

Oracle-RACのサービスのコンフィグ確認 RACサービスのコンフィグは、srvctlコマンドで確認することができます。 oracleユーザーでログインし、以下のコマンドを実行します。 DB名 → db01 サービス・・・

RAC環境におけるREDO構成の概要と再構成手順

RAC環境におけるREDO構成の概要と再構成手順 REDOの構成概要と再構成手順について説明します。 REDO構成の概要 データベースがシングルノードである場合、障害対応として考えておかなければならないREDO構成は冗長・・・

dbcaを使用してOracleデータベースを削除する方法 (11gR2)

データベースを削除する方法 データベースを削除する手順です。※データベースモジュールのアンインストールではありません。   DB削除 DB名「db01」を削除します。 X画面の準備 oracleユーザーでログイ・・・

ORACLEクラスターのステータス確認について

クラスターのステータス確認方法 以下のコマンドを実行してリソースの状態を確認することが出来ます。 コマンド:emctl status resource -t     rootユーザもしくはgridユーザで実行してください・・・

dbcaでDBを作成するとEnterpriseManagerのURLが片寄せになる?

RAC構成の環境においてdbcaを使ってDBを作成すると、リモートノードのエンタープライズマネージャ(EM)のURLが、dbcaを起動したノードのURLになってました。 例えば、server01とserver02でRAC・・・

DBサービスを再配置する方法

Oracle11gR2のサービスが片寄せ状態になった状態から復旧する手順を書きます。 本来の配置状態に戻す方法としては、2つの方法があります。 全てのサービスを再起動する方法 srvctlコマンドで1つずつ再配置する方法・・・

Oracle 11gR2 RAC 頻繁に使用するコマンド

Oracle 11gR2 RAC 環境で頻繁に使用するコマンドを記載します。 [table id=5 /] ASM関連コマンド asmcmdにて実行するコマンドについては、 gridユーザにスイッチし、”asmcmd”を・・・

Oracle11gR2でのRACサービス作成と起動について

Oracle11gR2でのRACサービス作成と起動手順 Oracle11gR2 RAC環境でのサービス作成および起動方法について説明します。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E16338_・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ