AIXをインストールNIMクライアントにする時のNIMサーバー準備

IBMlogothum

AIXをネットワーク・インストールするNIMサーバー準備

NIMクライアントに対してAIXをインストールする際、ネットワークブートさせるためのNIMサーバーでの準備が必要です。



 

NIMサーバーのネットワークブート準備

smittyでNIM管理画面を起動します。

[root@nim:/] smit nim

「NIM ソフトウェア・インストールおよび保守タスクの実行」を選択

                                 ネットワーク・インストール管理 (NIM)

カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。

  NIM 環境の構成
  NIM ソフトウェア・インストールおよび保守タスクの実行
  NIM 管理タスクの実行
  IPL ROM エミュレーション・メディアの作成
  NIM POWER5 ツール
  シン・サーバーの保守

 「ソフトウェアのインストールおよび更新」を選択

                          NIM ソフトウェア・インストールおよび保守タスクの実行

カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。

  ソフトウェアのインストールおよび更新
  ソフトウェアおよび関連情報をリスト
  インストール・インベントリー
  ソフトウェアの保守およびユーティリティー
  代替ディスクのインストール
  ディスクレス/データレス・マシンの管理
  ワークロード・パーティション・マシンの管理

 「スタンドアロン・クライアント上に基本オペレーティング・システムをインストール」を選択

 

                                 ソフトウェアのインストールおよび更新

カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。

  スタンドアロン・クライアント上に基本オペレーティング・システムをインストール
  ソフトウェアのインストール
  インストール済みソフトウェアを最新レベルに更新 (すべて更新)
  ソフトウェア・バンドルのインストール
  フィックス (APAR) によるソフトウェアの更新
  すべての使用可能なソフトウェアのインストールおよび更新

 AIXをインストールするマシンを選択

 +--------------------------------------------------------------------------+
|                      操作に対してのターゲットの選択                      |
|                                                                          |
| カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。         |
|                                                                          |
|   lpar212m     machines       standalone                                 |
|                                                                          |
| F1=ヘルプ               F2=再表示               F3=取消                  |
| F8=イメージ             F10=終了                ENTER=実行               |
| /=検索                  n=次を検索                                       |
+--------------------------------------------------------------------------+

 この例ではAIXを最初からインストールする「rte」を選択します。

+--------------------------------------------------------------------------+
|                        インストールのタイプの選択                        |
|                                                                          |
| カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。         |
|                                                                          |
|   rte - インストール・イメージからインストールします                     |
|   mksysb - mksysb からインストールします                                 |
|   spot - SPOT リソースのコピーをインストールします                       |
|                                                                          |
| F1=ヘルプ               F2=再表示               F3=取消                  |
| F8=イメージ             F10=終了                ENTER=実行               |
| /=検索                  n=次を検索                                       |
+--------------------------------------------------------------------------+

 AIXインストーラーが入っているLPP_SOURCEを選択します。

 +--------------------------------------------------------------------------+
|                 インストールで使用する LPP_SOURCE の選択                 |
|                                                                          |
| カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。         |
|                                                                          |
|   AIX7.1_BASE      resources       lpp_source                            |
|                                                                          |
| F1=ヘルプ               F2=再表示               F3=取消                  |
| F8=イメージ             F10=終了                ENTER=実行               |
| /=検索                  n=次を検索                                       |
+--------------------------------------------------------------------------+

 インストールするAIXレベル(※TLまで)が入っているSPOTを選択します。

+--------------------------------------------------------------------------+
|                    インストールで使用する SPOT の選択                    |
|                                                                          |
| カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。         |
|                                                                          |
|   spot1     resources       spot                                         |
|                                                                          |
| F1=ヘルプ               F2=再表示               F3=取消                  |
| F8=イメージ             F10=終了                ENTER=実行               |
| /=検索                  n=次を検索                                       |
+--------------------------------------------------------------------------+

 必要項目を設定しEnterを押します。

             スタンドアロン・クライアント上に基本オペレーティング・システムをインストール

フィールドの値を入力または選択してください。
変更を完了したら ENTER キーを押してください。

[TOP]                                                   [入力フィールド]
* インストール・ターゲット                            lpar212m
* インストール・タイプ                                rte
* SPOT                                                spot1
  LPP_SOURCE                                         [lpp_source1]            +
  MKSYSB

  インストール中に使用する BOSINST_DATA              []                       +
  インストール中に使用する IMAGE_DATA                []                       +
  ネットワーク構成に対して使用する RESOLV_CONF       []                       +
  インストール後に実行するカスタマイズ・スクリプト   []                       +
  最初のリブート時に実行する FB スクリプトのカスタマ []                       +
  イズ
    新規ご使用条件に同意する                         [はい]                   +
  インストール後に NIM クライアントを残す            [はい]                   +
  このターゲット上のリソースに対しての NIM 定義を    [いいえ]                 +
    保存する

  インストールのプッシュを強制実行する               [いいえ]                 +

  リブートおよびインストールを即時開始する           [いいえ]                 +
    -または-
  次のリブートでインストールのためのブートリストを   [いいえ]                 +
      設定する

  インストールする追加バンドル                       []                       +
    -または-
  インストールする追加ファイルセット                 []                       +
    (バンドルは無視されます)

  installp フラグ
    ソフトウェアの更新をコミットする                 [はい]                   +
    置き換えられたファイルを保存する                 [いいえ]                 +
    必要条件ソフトウェアを自動的にインストールする   [はい]                   +
    スペースが必要な場合にファイルシステムを拡張する [はい]                   +
    同一または新規バージョンを上書きする             [いいえ]                 +
    インストールを検証してファイル・サイズを確認する [いいえ]                 +
    新規ご使用条件に同意する                         [はい]                 +
      (AIX V5 以降のマシンおよびリソース)
    新規ご使用条件をプレビューする                   [いいえ]                 +

  グループ制御 (グループ・ターゲットにのみ有効):
    並行操作の数                                     []                        #
    時間制限 (時間単位)                              []                        #

  ジョブのスケジュール                               [いいえ]                 +
  年                                                 []                        #
  月                                                 []                       +#
  日 (1-31)                                          []                       +#
  時 (0-23)                                          []                       +#
  分 (0-59)                                          []                       +#

  コンソール・ウィンドウを開く                       [いいえ]                 +
  DISPLAY 環境変数の設定                             []

 Enterを押します。

+--------------------------------------------------------------------------+
|                             よろしいですか?                             |
|                                                                          |
| 継続すると保存しておきたい情報が削除される場合                           |
| があります。継続を中止する最後の機会です。                               |
| 継続する場合は ENTER キーを押してください。                              |
| アプリケーションに戻るには「取消」を押してください。                     |
|                                                                          |
| F1=ヘルプ               F2=再表示               F3=取消                  |
| F8=イメージ             F10=終了                ENTER=実行               |
+--------------------------------------------------------------------------+

 結果がOKであることを確認します。

                                             コマンド状況

コマンド: OK          stdout: なし          stderr: なし

コマンドが完了する前に以下に追加指示が表示される場合があります。

 インストールで使用するNFS用ファイルシステムがエクスポートされていることを確認します。
問題なければ、以下の3つのファイルシステムがlpar212m用にエクスポートされんます。

[root@nim:/] exportfs | grep lpar212m
/export/spot/spot1/usr           -ro,root=lpar1,access=lpar212m
/export/lpp_source/lpp_source1   -ro,root=lpar1,access=lpar212m
/export/nim/scripts/lpar1.script -ro,root=lpar1,access=lpar212m
[root@nim:/]

 

 NIMサーバー側での準備は以上で完了です。

 



 
 


サブコンテンツ

このページの先頭へ