Grid Infrastructureインストール (ver 11.2.0.3.0)

oracle11g_R

Oracle11gR2 Grid Infrastructureのインストール手順

AIX7.1でOracle11gR2インストール要件を満たしている状態にしてインストールを行います。
インストールするサーバーは「server01」と「server02」、共有ディスクは実態が「/dev/rhdisk3」ですが、シンボリックリンクを経由して認識させます。シンボリックリンクを配置しているディレクトリは「/dev/oracle/db/db01」です。

それではインストールします。

インストール

X画面の準備

server01にgridユーザーでログインし、vncserverを起動します。

[grid@server01:/home/grid] vncserver

New 'X' desktop is server01:1

Starting applications specified in /home/grid/.vnc/xstartup
Log file is /home/grid/.vnc/server01:1.log

[grid@server01:/home/grid]

 

X画面の起動

VNCクライアントから「server01:1」で接続し、X画面を起動します。
Oracleインストールメディアのgridディレクトリ以下のrunInstallerを起動します。

WS000023

rootユーザーでrootpre.shを起動

runInstallerと同じディレクトリに「rootpre.sh」があるので、それをrootユーザーで起動します。(※両ノード)
両ノードで実行後にVNC画面で「y」を入力しEnterを押します。

[root@server01:/nfsdir/OracleMedia/grid] ./rootpre.sh
./rootpre.sh output will be logged in /tmp/rootpre.out_13-10-10.17:07:06

Checking if group services should be configured....
Nothing to configure.
[root@server01:/nfsdir/OracleMedia/grid]

 

 インストールウィザード起動

「 ソフトウェア更新のスキップ」を選択
WS000024
クラスタ用のOracle Grid Infrastructureのインストール及び構成

WS000025

拡張ンストール

WS000026

 

 言語選択

WS000027

 

 クラスタ名、SCAN名、SCANポートを入力し、GNSのチェックを外すWS000028

 ホスト名、仮想ホスト名を設定し、gridユーザーのOSパスワードを入力し、設定ボタンを押します。

WS000029_re

 

WS000030

 サーバーのネットワークインターフェイスが表示されますので、プライベート用とパブリック用を設定します。

  • プライベート → サーバー同士の生死確認用で通信するのに使用します。(インターコネクト)
  • パブリック  → DBサービスで使用します。

WS000031

 ASMを選択します。

WS000032

GRIDインストールで構成する際に使用するディスクグループ(DG)の設定を入れます。

  • ディスクグループ名  → 任意のディスクグループ名を入力
  • 冗長性         → 今回は外部ストレージを使うので「外部」を選択
  • ディスクの追加    → ディスクグループで使うサーバーのディスクデバイスを選択します。初期の選択では「/dev/rhdiusk*」が表示されますが、「検出パスの変更」ボタンを押して、シンボリックリンクのディレクトリを指定し、シンボリックリンクを指定してます。

WS000035_re

 「検出パスの変更」を押すと、このような画面が表示さます。

WS000033

パスワードの設定ですが、全て同じにしました。

 

 

WS000036

 

WS000037

 

WS000038

 

WS000039

 

 WS000040

 

 インストール環境のチェックが実行覚ます。

WS000041

 

 警告が表示さましたが、実際には問題なく設定されていますので、右上の「全て無視」にチェックを入れます。WS000043

 

 ステータスが「無視」に変わるので、次に進みます。WS000044

 

 WS000045

 

 WS000046_re

 

 インストールが開始されます。WS000047

 

 rootユーザーでスクリプトを実行するように指示が出ます。WS000048_re

 rootによるスクリプト実行

スクリプトを実行した結果を書いておきます。

orainstRoot.sh を両ノードで実行

server01で実行

[root@server01:/] /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /u01/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /u01/app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
[root@server01:/]

 

server02で実行

[root@server02:/] /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /u01/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /u01/app/oraInventory 宛先 oinstall.
スクリプトの実行が完了しました。
[root@server02:/]

 

 root.shを両ノードで実行

server01で実行

[root@server01:/] /u01/app/11.2.0.3/grid/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= grid
    ORACLE_HOME=  /u01/app/11.2.0.3/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Creating /usr/local/bin directory...
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...

Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Using configuration parameter file: /u01/app/11.2.0.3/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
User ignored Prerequisites during installation
User grid has the required capabilities to run CSSD in realtime mode
OLR initialization - successful
  root wallet
  root wallet cert
  root cert export
  peer wallet
  profile reader wallet
  pa wallet
  peer wallet keys
  pa wallet keys
  peer cert request
  pa cert request
  peer cert
  pa cert
  peer root cert TP
  profile reader root cert TP
  pa root cert TP
  peer pa cert TP
  pa peer cert TP
  profile reader pa cert TP
  profile reader peer cert TP
  peer user cert
  pa user cert
Adding Clusterware entries to inittab
CRS-2672: Attempting to start 'ora.mdnsd' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.mdnsd' on 'server01' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.gpnpd' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.gpnpd' on 'server01' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.cssdmonitor' on 'server01'
CRS-2672: Attempting to start 'ora.gipcd' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.cssdmonitor' on 'server01' succeeded
CRS-2676: Start of 'ora.gipcd' on 'server01' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.cssd' on 'server01'
CRS-2672: Attempting to start 'ora.diskmon' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.diskmon' on 'server01' succeeded
CRS-2676: Start of 'ora.cssd' on 'server01' succeeded

ASMは正常に作成され、起動しました。

ディスク・グループCRSは正常に作成されました。

clscfg: -install mode specified
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'system'..
Operation successful.
CRS-4256: Updating the profile
Successful addition of voting disk 79d5efcc229d4fe6bf9c64439df42cf4.
Successfully replaced voting disk group with +CRS.
CRS-4256: Updating the profile
CRS-4266: Voting file(s) successfully replaced
##  STATE    File Universal Id                File Name Disk group
--  -----    -----------------                --------- ---------
 1. ONLINE   79d5efcc229d4fe6bf9c64439df42cf4 (/dev/oracle/db/db01/crs) [CRS]
Located 1 voting disk(s).
CRS-2672: Attempting to start 'ora.asm' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.asm' on 'server01' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.CRS.dg' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.CRS.dg' on 'server01' succeeded
CRS-2672: Attempting to start 'ora.registry.acfs' on 'server01'
CRS-2676: Start of 'ora.registry.acfs' on 'server01' succeeded
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded
[root@server01:/]

 

server02で実行

[root@server02:/] /u01/app/11.2.0.3/grid/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= grid
    ORACLE_HOME=  /u01/app/11.2.0.3/grid

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Creating /usr/local/bin directory...
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...

Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Using configuration parameter file: /u01/app/11.2.0.3/grid/crs/install/crsconfig_params
Creating trace directory
User ignored Prerequisites during installation
User grid has the required capabilities to run CSSD in realtime mode
OLR initialization - successful
Adding Clusterware entries to inittab
CRS-4402: CSS・ヌ。シ・筵ャヌモツセ・筍シ・ノ、ヌウォサマ、オ、・゙、キ、ソ、ャ。「・ホ。シ・ノserver01。「ネヨケ1讀ホ・「・ッ・ニ・」・ヨCSS・ヌ。シ・筵ャク。スミ、オ、・ソ、ソ、眦貪ヌ、キ、゙、ケ
An active cluster was found during exclusive startup, restarting to join the cluster
Configure Oracle Grid Infrastructure for a Cluster ... succeeded
[root@server02:/]

 

インストールを続行

エラー「INS-20802」が表示されました。これはDNSによる名前解決ができないかった時に表示されるエラーです。
今回はhostsdでの名前解決なのでOKで次に進みます。

WS000049

 

進捗が 100%になりました。WS000050

 

 最後にエラーが出ますが、DNSがらみのエラーなので無視します。WS000051

 

 これで、Grid Infrastructureのインストールは完了です。WS000052

 

 インストール後のクラスターステータス確認

インストールが完了したらクラスタープロセスが起動しています。正常に起動していることを確認します。
全て問題なく起動できておりました。

[root@server01:/u01/app/11.2.0.3/grid/bin] crsctl status res -t
--------------------------------------------------------------------------------
NAME           TARGET  STATE        SERVER                   STATE_DETAILS
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.CRS.dg
               ONLINE  ONLINE       server02
               ONLINE  ONLINE       server01
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       server02
               ONLINE  ONLINE       server01
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       server02                 Started
               ONLINE  ONLINE       server01                 Started
ora.gsd
               OFFLINE OFFLINE      server02
               OFFLINE OFFLINE      server01
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       server02
               ONLINE  ONLINE       server01
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       server02
               ONLINE  ONLINE       server01
ora.registry.acfs
               ONLINE  ONLINE       server02
               ONLINE  ONLINE       server01
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       server01
ora.cvu
      1        ONLINE  ONLINE       server01
ora.oc4j
      1        ONLINE  ONLINE       server01
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       server01
ora.server02.vip
      1        ONLINE  ONLINE       server02
ora.server01.vip
      1        ONLINE  ONLINE       server01
[root@server01:/u01/app/11.2.0.3/grid/bin]

 

 文字化け対応

クラスター操作において、日本語の出力が文字化けします。これは初期の言語設定が「EUC」になっているためです。(OSのlocaleがEUCの場合は文字化けしません。)今回のOSのlocaleはSJISなので文字化け対応を行います。 (両ノードで実施)

 

vi /u01/app/11.2.0.3/grid/crs/install/s_crsconfig_server01_env.txt

   NLS_LANG=JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS

 

vi /u01/app/11.2.0.3/grid/crs/install/crsconfig_params

   LANGUAGE_ID=JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS

 

 

 

 

 

 

END


サブコンテンツ

このページの先頭へ