AIXのコマンド入力はviモードが便利

AIXのコマンドライン入力は、viモードが便利です。

便利な機能

  • コマンド入力補完
  • コマンド履歴検索
  • コマンド編集

簡単に説明すると、

コマンド入力補完は、コマンドを途中まで入力したら後は補完してくれる機能です。

コマンド履歴検索は、過去に実行したコマンドをhistory履歴から検索する機能です。

コマンド編集は、コマンド入力文字列をviと同様に編集する機能です。

 

viモードに慣れると、コマンド入力の効率が向上します。

では実際に使い方を次に説明します。

 

viモードの使い方

viモードを使用するには、次のコマンドを実行します。

$ set -o vi

 

これでコマンド入力モードがviモードになります。

 

コマンド入力補完

例えば、「ls -l nmon_YYYYMMDD_server01.log」というコマンドを入力したい、とします。

ファイル名の途中まで入力します。

$ ls -l nmon

 

ここで、キーボード「Esc」を押します。
続けてキーボード「\」を押します。

すると、以降のファイル名が補完されます。

$ ls -l nmon_YYYYMMDD_server01.log

 

コマンド履歴検索

コマンド実行履歴を1つずつ過去に遡る場合は、

キーボード「Esc」を押します。
続けてキーボード「k」を押します。

すると、直前に実行したコマンドが表示されます。

続けてキーボード「k」を押すと、さらに1つ前のコマンドが表示されます。
「k」を押すたびに過去のコマンドが表示され続けます。

逆に、過去のコマンドから現在に戻りたい場合は、
キーボード「j」を押せば戻ります。

viモードはコマンド履歴を検索することもできます。

キーボード「Esc」を押します。
続けて「/」を入力して、その続きで検索するキーワードを入力します。

検索キーワードが「ls-l」であれば、「/ls -l」となります。

そして「Enter」を押します。
すると、「ls -l」に一致する最新のコマンドが表示されます。

さらに過去のコマンドを遡りたい場合は、キーボード「n」を押すと表示されます。
過去から現在の方向に検索したい場合は、キーボード「N」です。

 

コマンド編集

コマンドを入力して、その内容を修正したいとします。

コマンドを入力した後、キーボード「Esc」を押します。
あとはviエディタで使うコマンドと同様に編集できます。

「h」 カーソルが左に1つ移動
「l」 カーソルが右に1つ移動
「$」 カーソルが最後尾に移動
「0」 カーソルが先頭に移動
「C」 以降を消して上書き
「a」 1つ右から入力開始
 [yy] 1行コピー
 [dd] 1行切り取り
 [dw] 単語切り取り
 [p]  貼り付け
 [i]  コマンドモードから入力モードに切替え
 [Esc] コマンドモードに切替え

 

viモードは結構便利です。

 

.


サブコンテンツ

このページの先頭へ