compatible属性をセットしてディスクグループを作成する方法

oracle_honsya-100

compatible属性をセットしてディスクグループDGを作成する方法

ACFS用の論理ボリュームを作成する際に、DGのcompatible属性が 11.2.0.0.0 より低い場合は「ORA-15221」が発生します。エラー回避方法は、DG作成後にalterでcompatible属性をセットする方法を書いてましたが、DG作成時に同時にcompatibleをセットできることがわかったので、ご案内します。

ACFSファイルシステム作成手順

ORA-15221: ASM operation requires compatible.asm of 11.2.0.0.0 or higher



 

DG作成時にcompatible属性をセットするSQL

gridユーザーでログインし、SYSASM権限でsqlplusを起動します。

[grid@server01:/home/grid] sqlplus sys/password as sysasm
 
SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 水 11月 13 15:52:01 2013
 
Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.
 
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production
With the Real Application Clusters and Automatic Storage Management options
に接続されました。
SQL>

 

DG作成SQLにattributeでセットしたいcompatible属性を追加して実行します。

SQL> CREATE DISKGROUP DG_TEST_2 EXTERNAL REDUNDANCY DISK '/dev/rhdisk5' SIZE 49152 M
  2  attribute 'compatible.asm'='11.2','compatible.advm'='11.2';

Diskgroup created.

SQL>

 

これで完了です。

1回で済むのでこのやり方の方が効率がいいですね。

 

【参考資料】
 Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド 11gリリース2 (11.2) B61035-04 
  4 Oracle ASMディスク・グループの管理 
   ディスク・グループの互換性 
    ディスク・グループの互換性属性 
     COMPATIBLE.RDBMS

  Oracle ASMコンフィギュレーション・アシスタントGUIツール   
   Oracle ASMコンフィギュレーション・アシスタントによるディスク・グループの管理

  図11-6 Oracle ASMコンフィギュレーション・アシスタントの「ディスク・グループの作成」ページ-拡張オプション

 



 
 


サブコンテンツ

このページの先頭へ