コンテンツが残っているディスクグループの削除

oracle-y-lupa-100

コンテンツが残っているDGの削除手順

ファイルやディレクトリが存在しているディスクグループの削除は、オプションを付けてる必要があります。いろいろと試した結果をお伝えします。

 

ディスクグループ削除

girdユーザーでログインし、SYSASM権限でsqlplusを起動します。

[grid@server01:/home/grid] sqlplus sys/password as sysasm

SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 水 11月 20 11:55:20 2013

Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production
With the Real Application Clusters and Automatic Storage Management options
に接続されました。
SQL>

 

通常の削除SQLを実行してみましたが、エラーになりました。

SQL> drop diskgroup DG_WORK;
drop diskgroup DG_WORK
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-15039: diskgroup not dropped
ORA-15053: diskgroup "DG_WORK" contains existing files


SQL>

 

ディスクグループに含まれるコンテンツも削除する、というオプションを付けて実行してみました。

SQL> DROP DISKGROUP DG_WORK INCLUDING CONTENTS;
DROP DISKGROUP DG_WORK INCLUDING CONTENTS
*
ERROR at line 1:
ORA-15039: diskgroup not dropped
ORA-15073: diskgroup DG_WORK is mounted by another ASM instance


SQL>

 

消そうとしているディスクグループが他のASMインスタンスでマウントされている、というエラーが発生。作業はserver01から実施していたのですが、server02でマウントされているようなのでアンマウントします。

server02にgridユーザーでログインし、SYSASM権限でsqlplusを起動します。

[grid@server02:/home/grid] sqlplus / as sysasm

SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 水 11月 20 12:15:39 2013

Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production
With the Real Application Clusters and Automatic Storage Management options
に接続されました。
SQL>

 

削除するディスクグループをアンマウントします。

SQL> ALTER DISKGROUP DG_WORK DISMOUNT;

Diskgroup altered.

SQL>

 

server01に戻って、再度ディスクグループを削除してみます。

SQL> DROP DISKGROUP DG_WORK INCLUDING CONTENTS;

Diskgroup dropped.

SQL>

 

コンテンツが残っているディスクグループを削除することができました。

 

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ