ACFSファイルシステムの削除手順

oracle_honsya-100

ACFS削除手順

ACFSファイルシステムを削除する手順をお伝えします。

ACFS作成手順はこちら

 

ACFS削除

作業の流れはこうです。

  • レジストリ削除
  • ACFSアンマウント
  • ファイル・システム削除
  • 論理ボリューム削除

それでは削除してみます。

 

レジストリ削除

ACFSを作成すると、その情報がレジストリに登録されています。このレジストリ情報を削除します。まずは登録情報を確認してみます。

gridユーザーでログインし、acfsutilコマンドを実行します。

[grid@server01:/home/grid] acfsutil registry -l
デバイス : /dev/asm/acfsvol1-5 : マウント・ポイント : /acfs_work : オプション : none : ノード : all :  ディスク・グループ : DG_TEST : ボリューム : ACFSVOL1
[grid@server01:/home/grid]

見やすく改行して書いてみると、こうなっています。

[grid@server01:/home/grid] acfsutil registry -l
  デバイス : /dev/asm/acfsvol1-5 : 
  マウント・ポイント : /acfs_work : 
  オプション : none : 
  ノード : all :  
  ディスク・グループ : DG_TEST : 
  ボリューム : ACFSVOL1
[grid@server01:/home/grid]

デバイス情報、マウントポイント、ディスクグループ、論理ボリュームなどが登録されています。

ではこのレジストリ情報を削除します。

[grid@server01:/home/grid] acfsutil registry -d /acfs_work
acfsutil registry: ACFSマウント・ポイント/acfs_workはOracleレジストリから正常に削除されました
[grid@server01:/home/grid]

 

レジストリを再度確認して、削除されたことを確認します。

[grid@server01:/home/grid] acfsutil registry -l
[grid@server01:/home/grid]

 

ファイルシステムのアンマウント

ファイルシステムをアンマウントします。アンマウントはroot権限でなければできないので、rootユーザーでログインしてumountコマンドを実行します。

[root@server01:/] umount /acfs_work
[root@server01:/]

アンマウントは、ACFSをマウントしている全ノードで実施して下さい。どこかのノードでマウントされていると以降の作業でエラーが発生します。

 

ACFSファイルシステム削除

ACFSを削除します。rootユーザーで実施します。

[root@server01:/] acfsutil rmfs /dev/asm/acfsvol1-5
[root@server01:/]

このとき、ACFSがどこかでマウントされたままである場合は以下のエラーが発生します。

[root@server01:/] acfsutil rmfs /dev/asm/acfsvol1-5
acfsutil rmfs: ACFS-00511: /dev/asm/acfsvol1-5が1つ以上のクラスタ・ノードにマウントされています。
acfsutil rmfs: ACFS-03014: ファイルシステムは削除されません
[root@server01:/]

 

論理ボリューム削除

最後に、ACFSで使っていた論理ボリュームを削除します。gridユーザーでログインし、ASMCSMコマンドラインからvoldeleteコマンドを実行します。

[grid@server01:/home/grid] asmcmd
ASMCMD> voldelete -G DG_TEST ACFSVOL1
ASMCMD>

 

これでACFS削除は完了です。

 

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ