tnspingでDBへのネットワーク疎通を確認してみる

oracle-y-lupa-100






tnspingコマンドでDBネットワーク疎通を確認

Oracleデータベースに接続する場合は、「tnsnames.ora」にホスト名やポート名を記述してDBを定義します。定義したDBへのネットワーク疎通は、tnspingコマンドで確認することができます。

 

tnspingの使い方

tnsnames.oraに接続したDB名を登録します。ファイルは、$ORACLE_HOME/network/admin/ にあります。

  • DB名 : ORADB02
  • プロトコル : TCP
  • ホスト名 : 10.1.1.90
  • 接続ポート : 1521
  • SID : ORADB02
[oracle@server01:/home/oracle] cd /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin
[oracle@server01:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin] cat tnsnames.ora
ORADB02 =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS_LIST =
      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 10.1.1.90)(PORT = 1521))
    )
    (CONNECT_DATA =
      (SID = ORADB02)
    )
  )

[oracle@server01:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin]

 

では、ORADB02へのネットワーク疎通をtnspingで確認してみます。

[oracle@server01:/home/oracle] tnsping ORADB02

TNS Ping Utility for IBM/AIX RISC System/6000: Version 11.2.0.4.0 - Production on 19-11月-2013 18:55:19

Copyright (c) 1997, 2013, Oracle.  All rights reserved.

パラメータ・ファイルを使用しました:


エイリアスを解決するためにTNSNAMESアダプタを使用しました。
(DESCRIPTION = (ADDRESS_LIST = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 10.1.1.90)(PORT = 1521))) (CONNECT_DATA = (SID = ORADB02)))に接続の試行中
OK (110ミリ秒)
[oracle@server01:/home/oracle]

 

最後に「OK」が表示されれば、ネットワーク接続できていることになります。

 

 




 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ