初期化パラメータ PROCESSES の設定について

oracle-y-lupa-100

初期化パラメータ PROCESSES (最大ユーザープロセス数)の設定

Oracle Databaseに同時に接続できるOSプロセスの最大数は、PROCESSES初期化パラメータによって決定します。また、PROCESSESは、SESSIONS(最大セッション数)とTRANSACTIONS(同時トランザクション最大数)にも影響するパラメータです。SESSIONSとTRANSACTIONSはPROCESSESの値から決められているので、その影響も考慮しておく必要があります。

  • PROCESSES → 同時接続できるOSプロセス最大数
  • SESSIONS → セッション最大数 PROCESSES*1.1+5
  • TRANSACTIONS →同時トランザクション最大数 SESSIONS*1.1



 

PROCESSES変更

PROCESSESの値を500に変更する手順です。

sqlplusを起動します。

[oracle@server01:/home/oracle] sqlplus /nolog
 
SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 金 10月 18 14:30:10 2013
 
Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.
 
SQL> conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。
SQL>

 

変更前のPROCESSESを確認します。

SQL> show parameter processes
 
NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------
processes              integer     150

SQL>

 

値を500に変更します。

SQL> alter system set processes=500 scope = spfile;

システムが変更されました。

SQL>

 

DBインスタンスを再起動します。

[oracle@server01:/home/oracle] srvctl stop db -d db01
[oracle@server01:/home/oracle] srvctl start db -d db01
[oracle@server01:/home/oracle]

 

変更後の確認

変更が反映されていることを確認します。PROCESSESが「500」に変更されていました。

SQL> show parameter processes
 
NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------
processes              integer     500

SQL>

 

SESSIONSの値を確認します。SESSIONSはPROCESSES*1.1+5なので「555」になると思っていたのですが、そうはなっていませんでした。んー、なぜだろう・・・。

SQL> show parameter sessions
 
NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------
sessions               integer     776

SQL>

 

TRANSACTIONSの値を確認します。TRANSACTIONSはSESSIONS*1.1なので「853.6」になる予定でしたが、これはそうなってました。

SQL> show parameter transactions
 
NAME                   TYPE        VALUE
---------------------- ----------- ------------------------------
transactions           integer     853

SQL>

 



 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ