「Oracle管理」の記事一覧

自動メンテナンス・タスクを有効化・無効化する手順

oracle-y-lupa-50

自動メンテナンス・タスクの有効化と無効化 OracleはDBを最適な状態に維持するために、自動でメンテナンス・タスクを実行させています。詳細については以下のKROWNに書かれています。 KROWN#152363 [11g・・・

Oracleバックグラウンド・プロセスと監視について

oracle-y-lupa-50

Oracleバックグラウンド・プロセスと監視 Oracleのバックグラウンド・プロセスは数多くありますが、サポートサイトにまとめられていました。公開できない情報でしたので詳細を書くことはできないのですが、サポート契約があ・・・

統計情報集取の自動化確認

oracle_plane-50

Oracle統計情報の自動実行ステータス確認 11gの統計情報は、デフォルトで毎日22:00に自動で収集されています。   KROWN#152363 [11gR1 以降] 自動データベース・メンテナンス・タスク・・・

tnspingでDBへのネットワーク疎通を確認してみる

oracle-y-lupa-50

tnspingコマンドでDBネットワーク疎通を確認 Oracleデータベースに接続する場合は、「tnsnames.ora」にホスト名やポート名を記述してDBを定義します。定義したDBへのネットワーク疎通は、tnsping・・・

RMANでアーカイブファイルを削除するコマンドとシェルスクリプト

oracle-plane-2-50

RMANでアーカイブファイルを削除する手順 アーカイブファイルはRMANコマンドで削除する方がいいです。OSコマンドで削除すると制御ファイル内の情報と実在するアーカイブファイルの総合性がとれなくなり、crosscheck・・・

DB 「v$**」動的パフォーマンスビュー

Oracle_4-50

データベースの動的パフォーマンスビューの一覧 データベースの代表的な動的パフォーマンスビューの一覧とその構成です。   DB動的パフォーマンスビュー v$archived_log v$backup v$cont・・・

アーカイブファイルをOSコマンドで削除したらRMANのcrosscheckで整合性確認が必要

oracle-y-lupa-50

RMAN使用環境におけるアーカイブファイル削除の手順 RMANはアーカイブファイルの情報をリカバリカタログまたは制御ファイルに保持しています。RMANのdeleteコマンド以外の方法、例えばOSコマンドなどでアーカイブフ・・・

ユーザー作成でORA-00922が発生

oracle-y-lupa-50

ユーザー作成でエラーORA-00922 ユーザー作成で、ORA-00922 が発生した場合、ユーザー名やパスワードにハイフン「-」が含まれていて、ユーザー名やパスワードを「”」ダブルクォートで囲ってないことが・・・

Oracleクラスターの起動と停止

oracle-y-lupa-50

Oracleクラスターの起動と停止 Oracle-RACクラスターサービスの起動停止するコマンドです。   クラスター停止 コマンドは crsctl stop crs です。rootユーザーで実行します。 [r・・・

Enterprise Manager(EM)の起動と停止のコマンド

Oracle_Redwood_City-50

Enterprise Managerの起動と停止 Oracle管理ツールである「Enterprise Manager」 の起動と停止方法について   ステータス確認 EMが起動しているのか、停止しているのか、そ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ