データベース・モジュールのインストール (ver 11.2.0.3.0)

oracle11g_R

GRIDインストール後のデータベースインストール

データベースモジュールのインストール手順を書きます。
※DB作成ではありません。

データベース・インストール

oracleユーザーでログインし、VNCサーバーを起動します。

X画面の準備

[oracle@server01:/home/oracle] vncserver
 
New 'X' desktop is server01:1
 
Starting applications specified in /home/oracle/.vnc/xstartup
Log file is /home/oracle/.vnc/server01:1.log
 
[oracle@server01:/home/oracle]

 

X画面の起動

VNCクライアントから「server01:1」で接続し、X画面を起動します。
Oracleインストールメディアのdatabaseディレクトリ以下のrunInstallerを起動します。

rootpre.shはGRIDインストール時に実行したので、「y」を入力

WS000054

「セキュリティ・アップグレードをMy Oracle Support経由で受け取ります」のチェックを外します。

WS000063

警告が表示されますが、「はい」をクリック

WS000064

「ソフトウェア更新のスキップ」をクリック

WS000065

「データベース・ソフトウェアのみインストール」を選択

WS000066

「Oracle Real Application Clustersデータベースのインストール」を選択
クラスタ構成するノードを選択します。ここでは「すべて選択」ボタンで全てを選択しました。

WS000067

 

「Oracle Real Application Clustersデータベースのインストール」を選択
oracleユーザーのOSのパスワードを入力し、「設定」ボタンをクリック

WS000068

 

WS000069

 

WS000070

 

WS000071

「オプションの選択」をクリックすると、インストールするコンポーネントを選択できます。

WS000072

Oracleベースとソフトウェアの場所を指定します。

  • Oracleベース   →  /u01/app/oracle
  • ソフトウェアの場所 →  /u01/app/oracle/11.2.0.3/dbhome_1

WS000073

 

WS000074

前提条件のチェックが実施されます。

WS000075

警告が表示されます。

WS000076

右上の「すべて無視」にチェックを入れ次に進みます。

WS000077

再度警告が表示されますが、「はい」で次に進みます。

WS000078

 

WS000079

インストールが開始されます。

WS000081

rootユーザーでスクリプトを実行するように指示が出ます。

WS000082

 

rootによるスクリプト実行

スクリプトを実行した結果を書いておきます。

root.shを両ノードで実行

server01で実行

[root@server01:/] /u01/app/oracle/product/11.2.0.3/dbhome_1/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /u01/app/oracle/product/11.2.0.3/dbhome_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
The contents of "dbhome" have not changed. No need to overwrite.
The contents of "oraenv" have not changed. No need to overwrite.
The contents of "coraenv" have not changed. No need to overwrite.

Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Finished product-specific root actions.
[root@server01:/]

server02で実行

[root@server02:/] /u01/app/oracle/product/11.2.0.3/dbhome_1/root.sh
Performing root user operation for Oracle 11g

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /u01/app/oracle/product/11.2.0.3/dbhome_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
The contents of "dbhome" have not changed. No need to overwrite.
The contents of "oraenv" have not changed. No need to overwrite.
The contents of "coraenv" have not changed. No need to overwrite.

Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.
Finished product-specific root actions.
[root@server02:/]

 

インストールを続行

インストールが成功しました。

WS000083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

END


サブコンテンツ

このページの先頭へ