DBサービスを再配置する方法

Oracle11gR2のサービスが片寄せ状態になった状態から復旧する手順を書きます。

本来の配置状態に戻す方法としては、2つの方法があります。

  1. 全てのサービスを再起動する方法
  2. srvctlコマンドで1つずつ再配置する方法

それぞれの手順は以下となります。

 

1.の場合

全てのサービスを再起動する場合は以下のコマンドを実施します。

[root@server01:/] srvctl stop -d db01
[root@server01:/] srvctl start -d db01

 

2.の場合

サービス毎に以下のコマンドを実行し、再配置を実施します。

[root@server01:/] srvctl relocate -d db01 -s SERVICE01 -i db011 -t db012

 

~補足~

DB名 db01
サービス名 SERVICE01
server01インスタンス db011
server02インスタンス db012

以上です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ