既存ASMディスクグループにディスクを追加する手順

Oracle_3_R

PV「hdisk3」を既存DG「DATA」に追加する手順

対象ディスク名が「hdisk3」の場合、ASMに認識させるデバイス名は「/dev/rhdisk3」になります。 ディスク名の頭文字に「r」が付いていることに注意して下さい。



 

1.「r」ディスクの所有権と権限を確認します。

[root:/] ls -l /dev/rhdisk*
crw------- 2 root system 20, 0 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk0
crw-rw---- 2 grid asmadmin 20, 4 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk1
crw------- 2 root system 20, 3 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk2
crw------- 2 root system 20, 7 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk3
crw------- 2 root system 20, 5 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk4
crw------- 2 root system 20, 6 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk5
[root:/]

2.所有権とグループを「grid.asmadmin」に変更します。

[root:/] chown grid.admadmin /dev/rhdisk3

3.権限を660に変更します。

 [root:/] chmod 660 /dev/rhdisk3

4.再度、所有権と権限を確認します。

[root:/] ls -l /dev/rhdisk3 
crw-rw---- 2 grid asmadmin 20, 7 Sep 04 20:59 /dev/rhdisk3 
[root:/]

5.ディスク検出パス直下にrhdisk3へのシンボリックリンクを作成します。(※両ノードで実施)

[root:/] ln -s /dev/rhdisk3 /dev/oracle/db/db01/test_dg3
[root:/] ls -l /dev/oracle/db/db01/test_dg3
lrwxrwxrwx 1 root system 12 Oct 03 15:56 /dev/oracle/db/db01/test_dg3 -> /dev/rhdisk3
[root:/]

6.シンボリックリンクの所有権を「grid.asmadmin」に変更します。 (※両ノードで実施)

[root:/] chown -h grid.asmadmin test_dg3
[root:/] ls -l /dev/oracle/db/db01/test_dg3
lrwxrwxrwx 1 grid asmadmin 12 Oct 03 15:56 /dev/oracle/db/db01/test_dg3 -> /dev/rhdisk3
[root:/]

7.gridユーザーでsqlplusを起動しますが、その前にORACLE環境変数を確認します。

[grid:/home/grid] env|grep ORA
ORACLE_BASE=/u01/app
ORACLE_SID=+ASM1
ORACLE_HOME=/u01/app/11.2.0.3/grid
[grid:/home/grid]

8.sqlplusコマンドラインを起動し、sysasm権限で接続します。

[grid:/home/grid] sqlplus /nolog

SQL> conn / as sysadm

接続されました。

9.DGへのディスク追加SQLを実行します。

SQL> alter diskgroup data add disk '/dev/oracle/db/db01/test_dg3' name TEST_DG3;

Diskgroup altered.

SQL>

これで追加完了です!

~補足~

エラーが発生する場合はASMのアラートログを確認します。

more /u01/app/grid/diag/asm/+asm/+ASM1/trace/alert_+ASM1.log

アラートログの場所は、ASMの初期化パラメータで確認することができます。

・エラーの例

ORA-15032: not all alterations performed

ORA-15260: permission denied on ASM disk group

パーミッションのエラーですが、権限の設定不備かリモートノードの設定忘れの可能性があります。

 



 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ