Oracle11gR2でのRACサービス作成と起動について

Oracle11g-box-100

Oracle11gR2でのRACサービス作成と起動手順

Oracle11gR2 RAC環境でのサービス作成および起動方法について説明します。

参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/rac.112/b56290/hafeats.htm#BABJJJAG



 

サービス作成

oraleユーザーで下記コマンドを実行しサービスを作成します。

コマンド:
srvctl add service -d DB名 -s “サービス名” -r “優先インスタンス” -a “フェイルオーバー先インスタンス”

$ srvctl add service -d db1 -s SERVICE_TEST1 -r db12 -a db11

 

サービスのステータス確認

oracleユーザーで確認します。

$ srvctl status service -d db1
サービスSERVICE_TEST1は実行されていません。

 

サービス起動

oracleユーザーで起動します。

$ srvctl start service -d db1
$ srvctl status service -d db1
サービスSERVICE_TESTはインスタンスdb012で実行中です。

 

サービス・コンフィグ確認

サービスのコンフィグは下記コマンドで確認することができます。

# srvctl config service -d db1
サービス名: SERVICE_TEST
サービスは有効です
サーバー・プール: db1_SERVICE_TEST
カーディナリティ: 1
切断: false
サービス・ロール: PRIMARY
管理ポリシー: AUTOMATIC
DTPランザクション: false
AQのHA通知: false
フェイルオーバー・タイプ: NONE
フェイルオーバー・メソッド: NONE
TAFフェイルオーバー再試行: 0
TAFフェイルオーバー遅延: 0
接続ロード・バランシングの目標: LONG
ランタイム・ロード・バランシングの目標: NONE
TAFポリシー仕様: NONE
エディション:
優先インスタンス: db12
使用可能なインスタンス: db11
#

 



 
 


サブコンテンツ

このページの先頭へ