AIXでJFS2ファイルシステムを作成する手順

AIXにファイルシステムタイプがJFS2であるファイルシステムを作成する手順についてメモです。

作成の流れについて

論理ボリュームLV(LogicalVolume)作成
ファイルシステム(FileSystem)作成
ファイルシステムマウント

では実際に作成してみます。

 

 

ファイルシステム作成

ここでは、5GBのファイルシステムを作成します。

LVサイズは、PPサイズの倍数のサイズで作成します。
まずは、ファイルシステムを作成するVGのPPサイズを調べます。

# lsvg testvg
VOLUME GROUP:       testvg             VG IDENTIFIER:  00c3db94000153636b6edc
VG STATE:           active                   PP SIZE:        512 megabyte(s)
VG PERMISSION:      read/write               TOTAL PPs:      59 (30208 megabytes)
MAX LVs:            256                      FREE PPs:       12 (6144 megabytes)
LVs:                3                        USED PPs:       47 (24064 megabytes)
OPEN LVs:           3                        QUORUM:         2 (Enabled)
TOTAL PVs:          1                        VG DESCRIPTORS: 2
STALE PVs:          0                        STALE PPs:      0
ACTIVE PVs:         1                        AUTO ON:        no
MAX PPs per VG:     32512
MAX PPs per PV:     1016                     MAX PVs:        32
LTG size (Dynamic): 256 kilobyte(s)          AUTO SYNC:      no
HOT SPARE:          no                       BB POLICY:      non-relocatable
PV RESTRICTION:     none                     INFINITE RETRY: no
#

上記結果の「PP SIZE」を見ると、「512 megabyte(s)」となっていることから、
このVGのPPサイズは 512MB です。

5GBのファイルシステムを作成するので、LVも5GBで作成します。

5GBに必要なPP数は、

 5 * 1024 / 512 = 10

で「10」となります。

LV作成は以下の設定内容でで作成します。

設定項目 設定値
LV名 lvtest
タイプ jfs2
論理区画の最大数 2048 (Default 512)
VG testvg
LVサイズ(PP) 10

コマンド実行

# mklv -y lvtest -t jfs2 -x 2048 testvg 10
lvtest
#

~補足~
LVミラーで作成する場合は、追加で以下のオプションを追加して実行します。

設定項目 設定値
コピー数 -c 2
LV作成hdisk hdisk0 hdisk1

LVミラー設定でコマンド実行

mklv -y lvtest -t jfs2 -c 2 -x 2048 rootvg 10 hdisk0 hdisk1

 

コマンド「lslv」で、lstestが作成されたことを確認します。

# lslv lvtest
LOGICAL VOLUME:     lvtest                 VOLUME GROUP:   testvg
LV IDENTIFIER:      00c3db940153636b6edc.3 PERMISSION:     read/write
VG STATE:           active/complete        LV STATE:       closed/syncd
TYPE:               jfs2                   WRITE VERIFY:   off
MAX LPs:            2048                   PP SIZE:        512 megabyte(s)
COPIES:             1                      SCHED POLICY:   parallel
LPs:                10                     PPs:            10
STALE PPs:          0                      BB POLICY:      relocatable
INTER-POLICY:       minimum                RELOCATABLE:    yes
INTRA-POLICY:       middle                 UPPER BOUND:    32
MOUNT POINT:        N/A                    LABEL:          None
MIRROR WRITE CONSISTENCY: on/ACTIVE
EACH LP COPY ON A SEPARATE PV ?: yes
Serialize IO ?:     NO
INFINITE RETRY:     no
#

 

次に、作成したLV上にJFS2ファイルシステムを作成します。

設定項目 設定値
タイプ jfs2
マウントポイント /test
ログの論理ボリューム INLINE
自動マウント yes

コマンド実行

# crfs -v jfs2 -d lvtest -m /test -a logname=INLINE -A yes
ファイルシステムが正常に作成されました。
合計ディスク・スペースは 5222036 KB です。
新規ファイルシステムのサイズは 10485760 です
#

コマンド「lsfs」でファイルシステム「/test」が作成されたことを確認します。

# lsfs /test
Name            Nodename   Mount Pt    VFS   Size    Options    Auto Accounting
/dev/lvtest     --         /test       jfs2  10485760 rw         はい  いいえ
#

ファイルシステムをマウントします。

# mount /test
#

コマンド「df」で、「/test」が5GBで作成されたことを確認します。

MByte表示

# df -m /test
Filesystem    MB ブロック      Free %Used    Iused %Iused Mounted on
/dev/lvtest       5120.00   5098.90    1%        4     1% /test
# 

GByte表示

# df -g /test
Filesystem    GB ブロック      Free %Used    Iused %Iused Mounted on
/dev/lvtest          5.00      4.98    1%        4     1% /test
#

 

ファイルシステム削除

削除するファイルシステムをアンマウントします。

# umount /test
#

コマンド「rmfs」でファイルシステムを削除します。
マウントポイントも削除する場合は、オプション「-r」を付けて実行します。

# rmfs -r /test
rmlv: 論理ボリューム lvtest が除去されました。
#

ファイルシステムを削除すると、LVも同時に削除されます。

 

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ