ASMディスクグループDGを拡張する手順 (ディスク拡張)

oracle_honsya-100

ASMディスクグループDGの拡張

データをインポートしていたら、「表領域を拡張できません」とのエラーが表示されました。よくよく調べてみるとASMディスクグループがパンクしていたことが原因でした。

DGに割り当てている物理ディスク自体を拡張して対応したのですが、その時の手順をお伝えします。



 

DBインスタンスのalertログに出力されていたエラー

データインポート中に出力されていたORA-エラーはこれです。

 
statement in resumable session 'SYSTEM.SYS_IMPORT_SCHEMA_02.4' was suspended due to
    ORA-01688: 表USER_A.TEST_TABLE01のパーティションMON_201303を拡張できません(8192、表領域TEST_TS01)
 

 

DG拡張手順

DGを拡張する手順はこのようになります。

  1. DGに割り当てている外部ストレージのボリュームを拡張
  2. OSでディスク拡張を認識させる
  3. DGに割り当てているディスクをresizeする

それでは作業に入ります。

 

1.DGに割り当てている外部ストレージのディスクを拡張します。

2.AIXにディスクサイズが拡張されたことを認識させます。

「root@server01:/」 cfgmgr
「root@server01:/」

3.gridユーザーにスイッチして、sysasm権限でsqlplusにログインします。

[grid@server01:/home/grid] sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 金 11月 8 19:33:33 2013

Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.

SQL> conn / as sysasm
接続されました。
SQL>

 

ここで拡張対象のDG名は「DATA」です。DATAを構成しているディスクを確認します。

SQL> col NAME for a20
SQL> col PATH for a30
SQL> select NAME,PATH from v$asm_disk;

NAME                 PATH
-------------------- ------------------------------
DATA_0000            /dev/oracle/db/db01/data
DG_REDO_1_0000       /dev/oracle/db/db01/redo_1
DG_REDO_2_0000       /dev/oracle/db/db01/redo_2

SQL>

 

DATAを構成している外部ディスクの名前は「DATA_0000」であることがわかりましたので、DATA_0000をSQLで拡張します。

SQL> ALTER DISKGROUP DATA RESIZE DISK DATA_0000;

Diskgroup altered.

SQL>

 

これでDG拡張は完了です。

エラーで待機していたインポート処理は自動で続行されました。パンクでエラーになっても、Oracleは待機してくれているのが嬉しいですね。

 



 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ