初期化パラメータ「bdump、cdump、udump」を変更する方法

oracle_honsya-100






bdump、dump、udumpの設定変更

Oracleの 「alertログ」や、 「*.trc  *.trm」 などのトレースファイルの出力先を変更する手順について書きます。

これらの出力先ディレクトリは、初期化パラメータ 「*_dump_dest」 に記載されています。

SQL> show parameter _dump_dest

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
background_dump_dest                 string      /u01/app/oracle/diag/rdbms/db01/db011/trace
core_dump_dest                       string      /u01/app/oracle/diag/rdbms/db01/db011/cdump
user_dump_dest                       string      /u01/app/oracle/diag/rdbms/db01/db011/trace

SQL>

 

これらの変数を変更することでアラートログやトレースファイルの出力先を変えることができるのですが、これらの変数値を alter system set ~ で直接変更することは推奨されておりません。

これらの変数は別の変数との依存関係があり、共通している「/u01/app/oracle」までのディレクトリは変数「diagnostic_dest」にセットされた値となっております。つまり、変更できるのは「diagnostic_dest」 の値までであり、それ以降のディレクトリは変更しないほうが無難だということです。

SQL> show parameter diagnostic_dest

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
diagnostic_dest                      string      /u01/app/oracle

SQL>

 

background_dump_dest、core_dump_dest、user_dump_dest、の先頭部分の共通ディレクトリが、diagnostic_dest の値と不一致になると、DBインスタンスの起動時に以下のエラーが表示されてしまいます。

 

 ORA-32004: obsolete or deprecated parameter(s) specified for RDBMS instance

 

また、alertログを確認すると以下のような WARNING が出力されていました。

Fri Nov  1 11:51:13 2013
WARNING: The background_dump_dest init.ora parameter has been deprecated.
WARNING: Please remove the background_dump_dest parameter from the init.ora file.
WARNING: The diagnostic_dest init.ora parameter now determines the location of the diagnostic data
WARNING: The new location for the background logs and traces is /u01/app/oracle/diag/rdbms/db01/db011/trace
Fri Nov  1 11:51:13 2013
WARNING: The user_dump_dest init.ora parameter has been deprecated.
WARNING: Please remove the user_dump_dest parameter from the init.ora file.
WARNING: The diagnostic_dest init.ora parameter now determines the location of the diagnostic data
WARNING: The new location for the user logs and traces is /u01/app/oracle/diag/rdbms/db01/db011/trace

 

このエラーによってDBインスタンスが起動できない状態に陥ることはないのですが、Oracleが推奨している範囲内での変更に留めておいたほうがいいでしょう。

 

 

bdump、cdump、udumpのパス変更手順

ここでは、diagnostic_dest の値を以下に変更する手順を書きます。

/u01/app/oracle → /orafs

 

 変更手順

 /orafs ファイルシステムを、server01、server02、それぞれに作成します。

[root@server01:/] df -g /orafs
Filesystem    GB ブロック      Free %Used    Iused %Iused Mounted on
/dev/ldora2         20.00     20.00    1%       11     1% /orafs
[root@server01:/]

 

同じく、それぞれのサーバーでマウントポイントディレクトリのパーミッションを変更します。

[root@server01:/] chown -R oracle.oinstall /orafs
[root@server01:/] chmod 775 /orafs
[root@server01:/]

 

sqlplusを起動してdba権限でログインし、初期化パラメータ「diagnostic_dest」の値を変更します。

SQL> alter system set diagnostic_dest='/orafs' scope=spfile;

システムが変更されました。

SQL>

 

DBインスタンスを再起動します。

[oracle@server01:/home/oracle] srvctl stop db -d db01
[oracle@server01:/home/oracle] srvctl start db -d db01
[oracle@server01:/home/oracle]

 

再起動後、初期化パラメータが変更されたことを確認します。

SQL> show parameter _dest

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
diagnostic_dest                      string      /orafs
background_dump_dest                 string      /orafs/diag/rdbms/db01/db011/trace
core_dump_dest                       string      /orafs/diag/rdbms/db01/db011/cdump
user_dump_dest                       string      /orafs/diag/rdbms/db01/db011/trace

SQL>

 

diagnostic_dest を変更することで、「background_dump_dest、core_demp_dest、user_dump_dest」の値も変更されていることが確認できました。/orafs 以下の diag/~ のディレクトリは自動で設定され、OS上のディレクトリも自動で作成されます。

 

 




 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ