SPFILEを消失した際のDB起動エラーと障害対応

Oracle_4-100

SPFILE障害におけるDB起動エラー

SPFILEを誤って消してしまった場合、DB起動時にこのようなエラーが発生します。

[root@server01:/] srvctl start db -d db01
PRCR-1079 : リソースora.db01.dbの起動に失敗しました
CRS-5017: リソース・アクション"ora.db01.db start"に次のエラーが発生しました:
ORA-01078: failure in processing system parameters
ORA-01565: error in identifying file '+DATA/db01/spfiledb01.ora'
ORA-17503: ksfdopn:2 Failed to open file +DATA/db01/spfiledb01.ora
ORA-15056: additional error message
ORA-17503: ksfdopn:2 Failed to open file +DATA/db01/spfiledb01.ora
ORA-15173: entry 'spfiledb01.ora' does not exist in directory 'db01'
ORA-06512: at line 4
。詳細は"(:CLSN00107:)"("/u01/app/11.2.0.4/grid/log/server02/agent/crsd/oraagent_oracle/oraagent_oracle.log")を参照してください。

CRS-5017: リソース・アクション"ora.db01.db start"に次のエラーが発生しました:
ORA-01078: failure in processing system parameters
ORA-01565: error in identifying file '+DATA/db01/spfiledb01.ora'
ORA-17503: ksfdopn:2 Failed to open file +DATA/db01/spfiledb01.ora
ORA-15056: additional error message
ORA-17503: ksfdopn:2 Failed to open file +DATA/db01/spfiledb01.ora
ORA-15173: entry 'spfiledb01.ora' does not exist in directory 'db01'
ORA-06512: at line 4
。詳細は"(:CLSN00107:)"("/u01/app/11.2.0.4/grid/log/server01/agent/crsd/oraagent_oracle/oraagent_oracle.log")を参照してください。

CRS-2674: 'ora.db01.db'('server02')の起動に失敗しました
CRS-2674: 'ora.db01.db'('server01')の起動に失敗しました
CRS-2632: 配置ポリシーを満たす場所へのリソース'ora.db01.db'の配置を試行するサーバーはありません
[root@server01:/]



 

障害対応

SPFILEを消失した場合の対応は2つあります。

  1. SPFAILEのバックアップからコピーする。
  2. PFILEからDB起動する。

ここでは、事前にPFILEバックアップを取得していましたので、2.のPFILEから起動してSPFILEを作成する手順で対応します。

 

PFILEからDB起動

oracleユーザーでsqlplusを起動します。

[oracle@server01:/home/oracle] sqlplus /nolog
  
SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 金 10月 18 14:30:10 2013
  
Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.
  
SQL> conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。
SQL>

 

PFILE指定でDBを起動します。

SQL> startup pfile='/home/oracle/initdb01.ora'
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 9620525056 bytes
Fixed Size                  2254496 bytes
Variable Size            1778387296 bytes
Database Buffers         7818182656 bytes
Redo Buffers               21700608 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SQL>

 

無事に起動できました。この後、PFILEからSPFILEを作成します。
 → SPFILE作成手順

 

データベースをシャットダウンします。

SQL> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL>

 

本来の起動方法である、SPFILEからDBを起動します。

[root@server01:] srvctl start db -d db01
[root@server01:]

 

無事に起動できました!これで障害対応は完了です。

 



 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ