Oracle-RACサービスのコンフィグ確認

Oracle11g-box-100

Oracle-RACのサービスのコンフィグ確認

RACサービスのコンフィグは、srvctlコマンドで確認することができます。

oracleユーザーでログインし、以下のコマンドを実行します。

  • DB名 → db01
  • サービス名 → SERVICE1
[oracle@server01:/home/oracle] srvctl status service -d db01 -s SERVICE1
サービス名: SERVICE1
サービスは有効です
サーバー・プール: db01_SERVICE1
カーディナリティ: 1
切断: false
サービス・ロール: PRIMARY
管理ポリシー: AUTOMATIC
DTPトランザクション: false
AQのHA通知: false
フェイルオーバー・タイプ: NONE
フェイルオーバー・メソッド: NONE
TAFフェイルオーバー再試行: 0
TAFフェイルオーバー遅延: 0
接続ロード・バランシングの目標: LONG
TAFポリシー使用: NONE
エディション: 
優先インスタンス: db012
使用可能なインスタンス:db011 
[oracle@server01:/home/oracle]

 

 

 

 

 

END


サブコンテンツ

このページの先頭へ