データベースのコンフィグを出力する方法

Oracle11g-box-100

DATABASEコンフィグの確認

DB名、インスタンス名、Oracleホーム、spfileの場所、ドメイン、・・・など、DBのコンフィグをコマンドで確認することができます。

oracleユーザーでログインして、srvctlコマンドで表示できます。

[oracle@server01:/home/oracle] srvctl config database -d db01
一意のデータベース名: db01
データベース名: db01
Oracleホーム: /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
Oracleユーザー: oracle
spfile: +DATA/db01/spfiledb01.ora
ドメイン: it-memo.info
開始オプション: open
停止オプション: immediate
データベース・ロール: PRIMARY
管理ポリシー: AUTOMATIC
サーバー・プール: db01
データベース・インスタンス: db011,db012
ディスク・グループ: DATA,DG_REDO_1,DG_REDO_2
マウント・ポイントのパス: 
サービス: service1,service2,service3,service4,service5
タイプ: RAC
データベースは管理者によって管理されています。
[oracle@server01:/home/oracle]

初めてさわるDBなどでは、だいたいの環境を簡単に確認することができます。

 

 

 

 

END


サブコンテンツ

このページの先頭へ