SASデバイスのDLPAR(Dynamic LPAR)手順

PowerVM-100

DLPAR(Dynamic LPAR)手順について

IBMのPowerマシンはPowerVMで仮想化することによって、物理的制約が少なくなっています。
特徴の一つとして、SASデバイス(光学ドライブ、DAT装置)などの外部接続デバイスを動的にLPAR間を移動させることが可能になっており、それをDynamic LPAR(DLPAR)と呼んでいます。

このページではSASデバイスをLPAR間移動する手順をお伝えします。
何のデバイスを、どのLPARからどのLPARに移動するのかは以下の通りです。

SASデバイス移動元のLPAR → L03_NIM_1
SASデバイス移動先のLPAR → L04_HH_DB_1
SASデバイスのロケーションコード → U78C5.001.DQD00J2-P2-C1
L03_NIM_1のAIXで認識しているデバイス名 → sissas0
L04_HH_DB_1のAIXで認識するデバイス名 → sissas0

dlpar_gaiyou

作業はこのような流れで実施します。

  1. L03_NIM_1のOS上でデバイス「sissas0」を削除
  2. HMCでSASデバイスをL03_NIM_1からL04_HH_DB_1へ移動
  3. L04_HH_DB_1のOS上でデバイスを認識させる

それでは作業に移ります。



 

移動元LPARでのデバイス削除

移動元LPARでSASデバイスがどのように認識されているかをlsdevコマンドで確認します。

[root@p7nim1:/] lsdev | grep sissas

sissas0    Available 00-00       PCI Express x8 Ext Dual-x4 3Gb SAS Adapter
sissas1    Defined   01-00       PCI Express x8 Ext Dual-x4 3Gb SAS Adapter
[root@p7nim1:/]

 2つのデバイスがリストされましたが、移動させたいSASデバイスがどちらなのかを知る必要があります。H/Wロケーションが「U78C5.001.DQD00J2-P2-C1」であるのがどちらなのかをlscfgコマンドで確認します。

[root@p7nim1:/] lscfg -pvl sissas0 | head -3
  sissas0          U78C5.001.DQD00J2-P2-C1-T1  PCI Express x8 Ext Dual-x4 3Gb SAS Adapter

        Hardware Location Code......U78C5.001.DQD00J2-P2-C1-T1

H/Wロケーションが「U78C5.001.DQD00J2-P2-C1-T1」であるデバイスはsissas0であることがわかりました。

 sissas0のステータスは「Available」となっており使用可能な状態となっているので、切り離す前にrmdevコマンドでデバイスを削除します。-Rオプションでsissas0の小デバイスにも適用します。

[root@p7nim1:/] rmdev -l sissas0 -R
rmt0 Defined
sfwcomm0 Defined
sas0 Defined
cd0 Defined
sata0 Defined
sissas0 Defined
[root@p7nim1:/]

lsdevコマンドでステータスを確認します。

[root@p7nim1:/] lsdev | grep sissas
sissas0    Defined   00-00       PCI Express x8 Ext Dual-x4 3Gb SAS Adapter
sissas1    Defined   01-00       PCI Express x8 Ext Dual-x4 3Gb SAS Adapter
[root@p7nim1:/]

sissas0のステータスが「Defined」になりOS上で使用不可状態となりましたので、SASデバイスを安全に切り離すことができる状態となりました。

 

SASデバイスの移動

作業はHMCから行いますので、ブラウザでHMCを起動しhscrootでログインします。

LPAR一覧を表示させ、

  1. SASデバイスが接続されているLPARのチェックボックスにチェックを入れ、
  2. LPAR名の右に表示された矢印ボタンをクリックし、
  3. 「動的ロジカル・パーティショニング」→「物理アダプター」→「移動または除去」を選択します。

 WS000177_re

取り外し可能なI/Oアダプターを操作する画面が表示されますので、

  1. 移動するSASデバイス「U78C5.001.DQD00J2-P2-C1」にチェックを入れ、
  2. 移動先パーティションで「L04_HH_DB_1」を選択し、
  3. 「了解」をクリックします。

WS000178_re

 

DLPARが開始されます。下図の表示が消えればデバイス移動完了です。

WS000179

 

移動先LPARでのデバイス認識

 移動先LPAR「L04_HH_DB_1」の作業に入ります。
rootユーザーでログインして下さい。

SASデバイスの状態を確認します。

[root@server01:/] lsdev | grep sissas
sissas0    定義済み 00-00       PCI Express x8 拡張デュアル x4 3Gb SAS アダプター
[root@server01:/]

状態が「定義済み」となっており、使用可能なデバイスとしては認識されていません。
(SASデバイスを初めて認識させる場合は、lsdevの結果にはリストされません。)

 
cfgmgrでデバイスをスキャンします。

[root@server01:/] cfgmgr
[root@server01:/]

 
再度、SASデバイスの状態を確認します。

[root@server01:/] lsdev | grep sissas
sissas0    使用可能 00-00       PCI Express x8 拡張デュアル x4 3Gb SAS アダプター
[root@server01:/]

 ステータスが「使用可能」となり、デバイスを使用できる状態になりました。

 

以上で、DLPARは完了です。

 



 
 


サブコンテンツ

このページの先頭へ